【怪談ホラーまとめ】木に打ち付けられた人形【オカルト部】

スポンサード リンク



【怪談ホラーまとめ】木に打ち付けられた人形【オカルト部】

オカルト部の動画チャンネルはコチラ⇒『ちょっと怖い2chの話』

【怪談ホラーまとめ】木に打ち付けられた人形【オカルト部】

【怪談ホラーまとめ】木に打ち付けられた人形【オカルト部】2chの怖い話スレ

犬の散歩を、21時頃にしていた、
ほんの1年前の話。

涼しかったこともあり、
自転車で、隣町まで犬を走らせていた。

そんな時、急に尿意がこみ上げてきたので、
緑地公園に駆け込んだんだ。

犬を自転車の荷台に繋いで、コソコソと、
雑木林のようなところに駆け込み事をすます。

「はぁー…」

って、危機を脱出した俺は、
ふと目の前に、何かあることに気づいた。

それは…木に打ち付けられた人形。

しかも、
見てるだけでも怖い、汚れた日本人形。

胸のところに、五寸釘のような、
大きな釘がガッチリと打ち込まれていた。

人形の首はカクンと手前に、
ちょうど俯いているような状態だった。

何となく、小便の軌道を見ていたため。

目線が木の根元にあったのだが…

よく見るとその木の根元から、上へ上へと、
いくつもの、日本人形が釘づけにされていた。

「うわぁっ!嫌なもの見たなぁー…」

と思った。

逃げればよいものを、何となく、
その、異常な光景に見入ってしまった。

下から順に見ていて、三つ目の人形を見た時、
その人形と、目が合った気がした。

背筋に、ゾッ…と悪寒が走った。

暗すぎてあまり見えないんだけど…
木の上のほうで。

「ガッ…!ガッ…!ガッ…!ガッ…!」

って音がしているのに気がついた。

まるで何者かが…

人形を、木に打ち付けているように。

俺自身、稲川淳二とか。

好んで聞いているタイプだから、
今の状況の予想がつくわけで…

だから、すぐに思った。

(このままどんどん。目が慣れるまで。
上を見上げていてはいけない…)

(見てはいけないものを見てしまう…)

視線をどんどん下にさげて、
木の根元の人形を見た時、また悪寒がした。

さっきは俯いていた人形が、
顎を持ち上げ、上を向いてこちらを見ていた。

とっさに叫んだけど、

なぜか…声が出なかった。

お経も知らないし、
知らない神様に祈る余裕なんかもなかった。

涼しかったはずなのに、汗が吹き出て、
足も動かず。

一気に逃げ出したいのに…

イラつくほど、体が言うことをきかない。

そのときのことだった。

自転車に繋いでいた犬が自転車を引きずって、
俺のほうに近寄ってきて、大きな声で吼えた。

すると急に。

金縛りのような状態が解けて、足が動いた。

もう、無我夢中で自転車を起こし、
犬のリードを手につかんで自転車をこいだ。

この話は、ここでおしまい。

本物の体験談なので、
怖い話としては大して面白くないかも。

でも俺自身は、死ぬほど怖かった。

俺が勝手に思っているのだが。

ウチの犬が吼えて、
悪霊のようなものを追っ払ってくれた…

と、今でも思っている。

【オカルトサークル(オカルト部)メンバー募集中】
※別窓が開きます

スポンサード リンク



スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up