【怪談ホラーまとめ】狂った日付?【オカルト部】ホラースポット情報

スポンサード リンク



【怪談ホラーまとめ】狂った日付?【オカルト部】
ホラースポット情報

オカルト部の動画チャンネルはコチラ⇒『ちょっと怖い2chの話』

【怪談ホラーまとめ】狂った日付?【オカルト部】
ホラースポット情報

【怪談ホラーまとめ】狂った日付?【オカルト部】ホラースポット情報

今から3年前の夏のこと。

私は友人達とキャンプに行きました。

メンバーは男二人、女二人の計四人。

私と、私の親友であるA。

Aの彼女のY、Yの親友Mです。

場所は、中部地方のとある山の中の、
さびれたキャンプ場です。

Aが過去に一度行ったことのある所で、
かなりの隠れスポットだという事です。

私たちは大阪から出発し、京都にて、
全員集まると、自動車で高速に乗りました。

それが…8月10日です。

キャンプは二泊を予定しており、
帰宅予定は8月12日でした。

高速を降りてからは、
ひたすら、ガラガラの田舎道を走りました。

山にさしかかると、
だんだんと、濃い霧に覆われてしまいました。

ホワイトアウトのような、
ほとんど、視界も無い状態です。

それでも何とか、
車を停める所までは、無事にたどり着きました。

道沿いにあるスペースに車を停め、
そこから40分ばかり歩いたところが目的地です。

しかし霧で視界がかなり悪く、
不慣れな場所でもあるので。

私たちは、霧が晴れるのを待ちました。

1時間ばかり車内で時間を潰しましたが、
一向に霧が晴れる様子がないので…

霧の中を強行することにし、出発しました。

私たちはものすごい霧の中、
徒歩で、山の中に入って行きました。

歩く順番は先頭からA、Y、M、私の順です。

30分ほど歩いたところで休憩にしたのですが。

その時にAが、私にボソッと…

「オレ…道。間違えたかも…」

と、言いました。

私は冗談まじりに、

「おいおい~、勘弁してくれよ~。」

などと返しました。

するとAが、更に言います。

「30分も歩けば、
川沿いに歩く道になるはずなんだよ。
でも未だに山の中って感じやん…森の中やん??
でも、分かれ道とか、なかったしなぁ~…」

私はAに、

「霧で歩くスピードが、
遅くなってるからやろ??進めばつくよ。」

と言うと。

Aは納得したようで、
車には戻らずに、このまま進むことにしました。

それから…また、30分くらい歩いたでしょうか。

やっと川沿いになり、霧も晴れてきました。

Aも、他のみんなも、ホッ…と、したようです。

そしてもう少し歩き。

広めの河原に出て、テントを張りました。

霧が完全に晴れると…

そこが。

自然が豊かで、とてもきれいな場所だ、
ということがわかります。

他の客もいないし、
Aが誘った理由にも納得できました。

翌日は快晴でした。

素晴らしい景色のなか、思い出に残るような。

とても、楽しい時間を過ごせました。

そして、最終日の8月12日。

朝起きると、
すでに…雲が厚く、どんよりしていました。

「こりゃー、雨が降るなー。
雨になる前に、早めに切り上げちゃおうか。」

って事になり、
早めに、引き上げることにしました。

各自で、急いで帰り支度をして。

歩き始めた途中、また濃い霧に覆われました。

結局、行きの時と同じように、
1時間以上も歩いて、やっと車に戻ってきたのです。

そんなこんながありながら。

車を走らせて、高速に乗って順調に帰ってきました。

しかし、地元の高速道路のインターチェンジを、
出るときに気づいたのです。

高速の伝票の日付が、8月11日なのです。

(私が車を運転してたので、
ほかの者はそれを見てないのですが…)

このときは、
単純に機械の故障だろうと思っていました。

高速を降りたころ、
Mが車内から、自宅に携帯をかけました。

すると、なにか親と電話でもめているようです。

怒ったように携帯電話を切った彼女に。

何があったのか聞いてみると、
Mは親とこんな会話をしたそうです。

「帰ってきたよー。もうすぐ着くからね。」

「え?あんた二泊するって言ってなかった…?」

「うん、何で??予定通りだけど…」

「1日早いじゃないの??何かあったの???」

電話中のMの様子から見ると、
電話での会話内容は嘘を言ってるとは思えません。

彼女は、狐につままれたような顔をしています。

とりあえず車を停車して。

全員の携帯をチェックして、日付を確認しました。

私の携帯は、8月12日。

Yも、更にMの携帯も、8月12日です。

しかし…Aの携帯は、
不思議なことに昨日の日付、8月11日なのです。

なんというか、車内が不穏な空気になりました。

「なにこれ??」
「なんで??」
「どういう事や??」

といった感じでした。

私は、先程受け取ったインターの伝票の事を、
思い出して、みんなに見せました。

「うーん…確認が必要やな…!」

車を近くのコンビニに停めて、
店員に直接、聞いてみることにしました。

四人でコンビニで適当なものを買いつつ、
レジの店員に確認しました。

「あの、今日って何日でしたっけ…?」

「11日っスよ~。」

と、返ってきました。

コンビニにあった新聞を見ても、やはり11日です。

友達とかにも電話して聞きました。

全員一致で11日です。

我々が8月10日に出発して、二泊して帰ってきたのに、
今日は8月11日なのはなぜ…?

女の子達は意味がわからず、
泣き出したりしていました。

私はふと思いつき、みんなに、
携帯電話をキャンプ中は、どうしていたか訪ねました。

A以外はみんなキャンプの間、
手元に持っていたと言います。

ただ、Aだけは…「どうせ、圏外だから…」

と言って、車に置いていたとの事でした。

私は、ポツリと…

「あの霧が私たちを、
アウターゾーンへと導いたのでは…?」

と、つぶやきました。

「まぁ、これといった被害もなかったし。
結果的に、お盆休みが一日延びただけ。
ラッキーだったかな…?」

私たちは、無理やり納得することにしました。

その後日。

その話を、他の誰かにする度に、
変人扱いされました。

もちろん、最近は誰にも話してません。

どうせ笑われるか。
ちょっと危ない人って扱いをされるだけなので…

【オカルトサークル(オカルト部)メンバー募集中】
※別窓が開きます

スポンサード リンク



スポンサード リンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up