【PUBGモバイル】スクワッド(SQUAD)戦の立ち回りのコツ

スポンサード リンク



スクワッドとは

4人1組のチーム戦

【PUBGモバイル】スクワッド(SQUAD)戦の立ち回りのコツ

スクワッドとは、4人1組のチーム戦です。ソロとは違い、味方と物資の共有や射撃の援護を行なうため、1人より皆で楽しみたい方にはうってつけのルールです。

フレンドだけでなく野良でも参加可能

スクワッドは、フレンドだけでなく自分1人で他のチームの人とマッチングすることも可能です。

フレンドがいないけどスクワッドをしたい方は、
ルールをスクワッドにしてそのままゲームに参加すればスクワッドに参加可能です。

気絶(ダウン)が存在する

スクワッド戦では、敵にやられると気絶し、HPが徐々に減少し続ける状態になります。
味方に復活してもらうことで、気絶状態から試合に復帰させることが可能です。

気絶中に更に攻撃を受けると一気にHPを削られてキルされてしまうため、
建物や障害物に隠れて味方の救援を待つのがおすすめです。

ただ、治療には10秒かかるため敵から襲撃される可能性があります。

また、わざと気絶状態の敵を泳がせて、救助にきた敵を倒す戦法も存在するため、
敵の位置を把握することがソロよりも重要です。

はじめのうちは
「索敵」と「拠点キャンプ」(※立て籠もり)に有利です

スクワッドの推奨設定

ボイスチャットはオンにする※できればでOK

スクワッドは味方とのコミュニケーションが重要なため、ゲーム内のボイスチャットの設定をオンにしましょう。

友達同士であればDiscord(ディスコード)やSkype(スカイプ)、LINEなどのコミュニケーションツールを使うのも手ですが、ゲーム内に搭載されているものが最もラグが少なく扱いやすいです。

敵位置は画面上部の数字で伝える

敵の位置をボイスチャットで伝える時、「目の前の建物の中にいる」などと伝えても、
瞬時に判断ができないため、画面上部の方角を示す数字で伝えると味方も援護しやすいです。

特に、4人でボイスチャットを行う際、説明に長い時間を使うと、
刻々と変化する状況に対応できなくて負けてしまう確率を上げてしまいます。

可能な限り端的に伝えることを意識しましょう。

また、車両移動中や、周囲に敵がいないことを確認(クリアリング)した後なら、
安全確保できているため雑談などの会話を楽しみましょう。

ボイスチャットが難しい場合※またはしたくない場合

もしボイスチャットをするのが難しいのであれば、
ゲーム内に用意されている定型文(クイックチャット)やチャット機能を活用しましょう。

クイックチャットはチャットボタンを長押ししてスライドすると使用できます。

チャットは、文字を打つ間硬直が生まれてしまうため、
VCをしないのであれば素早く使えるように練習しましょう。

パラシュート降下場所のコツ

チームと同じ地点に降りる

スクワッドでは、チームがまとまって行動することが望ましいため、なるべく同じ市外の中に降りましょう。

ただし、同じ建物の近くに降りてしまうと物資が足りなくなってしまうため、最初は同じ区画の違う建物へ降り、物資を集めながら合流する動きがおすすめです。

初心者はダイビング追尾(フォロー)機能を活用

上手くパラシュートを操作できない初心者の方は、ダイビング追尾(フォロー)機能を使用しましょう。

輸送機から降下前、プレイヤー名一覧の下にある「フォロー」ボタンをタップし、プレイヤーの右側に表示された「フォロー」でプレイヤーにダイビング追尾、「招待」で他プレイヤーが自分のダイビングに追尾する招待を送ります。

過疎地にはなるべく降りない

建物が3~4棟しかない過疎地へチームで降りてしまうと、チーム内の物資が足りず結果的に序盤の生存率が下がってしまいます。

建物が10棟近くあるかつ、敵が少ない地域へ降りるのがベストです。
自信がある方は、人口密度が高く序盤からキルで物資を奪える激戦区へ降りるのもいいでしょう。

制圧できるメンバーが揃っているならスタートダッシュが可能かつ有利です!

ソロとの大きな違い

エレメント(役割を分担したチーム)を組むのが最大のメリット・重要事項になります!

役割分担を意識した立ち回りが必要

主な役割名 役割
アタッカー 敵を見つけたら最前線で戦う。
サポート アタッカーの後ろを追い、横や後ろからの奇襲を警戒したり、アタッカーの援護。
スカウト 情報収集。チームから離れて敵チームの索敵や、強いポジションを事前に確保。状況次第ですぐにチームに合流するため、1人での車両移動も増えます。
スナイパー 長距離から攻撃をして味方を援護。
オーダー チームの戦略を考え指示を出す。味方のバックアップも担う。

※役割名は他の呼び方もあります

スクワッドでは、人数が多いため、1人で全てを担うよりも得意分野で分担することで
ドン勝しやすい状況を作り上げられます。

ただ、野良で遊ぶ場合などは、オーダーやスカウトなどの役割を必要とされない可能性もあり、
アタッカーかサポートなのか程度の認識でプレイするのがおすすめです。

身を護るプレイヤースキルも必要

スクワッドは、他チームも4人であり、敵からの索敵も単純計算で4倍のため、
射線を切った立ち回りなど身を護るプレイヤースキルが必要です。

もちろん、攻撃は最大の防御であり、
敵を早く倒すことで自身だけでなく味方を護ることに繋がります。

気絶の敵を見つけたら遠慮せず倒す

スクワッドは、1チーム4人で1~2人気絶させても安心できる状況では無く、
復活される可能性を排除するためにすぐにキルすることをおすすめします。

キル数を気にするプレイヤーもいますが、
気絶状態で放置した後に復活されて負けてしまうことも稀にあるため、
事前にキルを取らせてほしいなど言われてない限りはトドメは早く刺しましょう

Scroll Up