【プレイ前に】DMM-モンスター娘TD:基本システム&レビュー解説【モンスター娘タワーディフェンス】

スポンサード リンク



【プレイ前に】
DMM-モンスター娘TD:基本システム&レビュー解説

DMM(FANZA)GAMESでブラゲーを楽しんでいる人も、YOUTUBEのCMを見た人も、
新規でプレイ解放された新しいタワーディフェンスゲームのリリースはご存じだと思います。

世界観が今までになく統一されていてストーリーの一貫性などクオリティの高い。
数々の宣伝のPV動画や、同人版の先行リリース等、
事前登録時点で、既存ユーザーも新規ユーザーも気になっていた異彩を放っていた本作。

ブラウザ版のリリース後に少しプレイしてみたところ、
今までやってきたDMMブラウザゲーの中でも最高ランクの面白さと、
期待以上のシステムやゲーム性が時代にマッチしていたので、
その魅力を少し紹介します。

※主に身内の人たちが男女ともに「気になっている」ゲーム1位だったので雑記レビュー

【プレイ前に】DMM-モンスター娘TD:基本システム&レビュー解説【モンスター娘タワーディフェンス】

王道スタイルのゲームシステム-DMMTD伝説再び

「千年戦争アイギス」「艦隊これくしょん」「御城プロジェクト:RE等の、
アイギス大ヒット以降に続くタワーディフェンスゲームはDMMを中心に多いです。

モンスター娘TDはその中でも、一番大ヒットして最大のユーザー数と商業収益を出した、
タワーディフェンスの金字塔である「千年戦争アイギス」の戦闘システムを採用しています。

更に難易度のバランスが絶妙で、過去作のアイギスにあった『必須ユニット概念』が、
新しい戦闘スタイルによるプレイヤー操作スキルと、ユニットの育成・カスタム機能で、
「必須のキャラがいたアイギス」と違って「手持ちの推しキャラ(好きなキャラ)」で、
今のところはオールクリア可能(しかも最高スコアが取得できる)。

遊びごたえがありバランスよく難易度も楽しめた「アイギス」の良さを引き継いで、
ボイス、キャラデザ、戦闘や育成に新しい要素を盛り込む事で、
より気楽に、遊びやすく改善されていてやりこみ要素もある。

その中でも、【従来のタワーディフェンスを超えた楽しさ】と感じた要素は3つ

  1. 「配置後のキャラ移動」(戦況に応じて戦場移動)
  2. 「倒された味方の再配置」(復帰)
  3. 「クリアランクにデスペナは関係なし」(おとり配置、事故でリトライ不要)

の3点が気楽に楽しめていい。

タワーディフェンス新要素①キャラクターは配置を移動可能

配置後のキャラ移動」は一番今までにない要素。

通常、タワーディフェンスにおいてキャラクターは配置場所から動く事が出来ず、
一度撤退させて再配置するしか場所の変更が出来ないか、
そもそも再配置が不可能だった。

しかし、本作ではコストを支払う事で(制限はあるものの)、
任意の場所に移動させる事ができる。

撤退→待機時間→再配置という手順を介さず、
臨機応変にスピーディな応戦が出来るのが非常にありがたい。

しかも、周回要素があるので「再配置を利用したクリア」のあとで、
「再配置のいらないクリア方法」を模索して高速周回するという攻略要素は残っている。

タワーディフェンス新要素②倒された味方は治療して戦場に復帰可能

1つ目に関連して「倒された味方の再配置」(復活)も、
ボス戦等でかなり助かる要素だ。

難易度の高いステージになると、
主力のタンク(盾)キャラクターであっても、
敵の猛攻(ラッシュ&ボス)に耐える事が出来ず倒れてしまう事がある。

しかし、時間経過での再配置が可能な事により、
治療中の主力が復帰するまで耐える事が出来れば形勢逆転も夢ではない。

タワーディフェンス新要素③MAXスコアクリアはデスペナOK

「クリアランクにデスペナルティが含まれない」個人的にはには一番うれしい。

昔、ドはまりしたアイギスではクリアランク★3満点の条件の一つに、
味方全員の生存が含まれていた。

そのため、常にステージ全体を見渡し、
ヒーラーに攻撃が届かないようにしたり、弓を置けない場所が多かったり、
終盤は後衛を急いで回収する必要があったので、通信環境のラグで事故多発した。

うっかりミスやWi-Fiのせいで何度もやり直す羽目にならないのは嬉しい。

全体の雰囲気が統一された世界観-物語りとキャラ

本作は可愛いキャラデザに緩めのタワーディフェンス。

適度にボケとシリアス・萌え・熱意の入り混じった物語が、
見事に合致した世界観になっており、
無料ゲームでよく見かけるちぐはぐ感が一切無い。

展開も少年誌にのるような、可愛いストーリー、ギャグストーリー、バトルなど、
普通のノーマルストーリーからして楽しいからプレイしていてマンネリがない。

そもそも本作はタイトルで分かる通り、
「モンスター娘とのイチャイチャを楽しみながら彼女達を愛し守る」作品。

本編や戦闘においてもキャラ描写にかなりの比重が置かれている事が分かる。

実際にプレイして、愛着の湧いたキャラクターたちユニットとの戦いやストーリーは、
プレイ前のイメージ以上に楽しいことがわかる。

【プレイ前に】DMM-モンスター娘TD:基本システム&レビュー解説【モンスター娘タワーディフェンス】

『モンスター娘TD』DMMはコチラ

『モンスター娘TD』FANZAはコチラ

Scroll Up